乳首にオロナイン

乳首にオロナインで乾燥対策

乳首にオロナインで保湿をしてかゆみは止まる?

 

肌トラブルが起きたらとりあえずオロナインを利用しようって人は非常に多く、優れた市販薬となっています。

 

そのため、

 

乳首が乾燥をしている・・・
乳首がかゆい・・・

 

などの症状があらわれた際に利用しようとする人も多いです。
ここでは優れた市販薬であるオロナインは乳首の保湿も行うことができるのか解説していきます。

 

薬局やドラッグストアの薬で乾燥対策をしようと思っている人はご覧ください。

 

オロナインに保湿する効果はある?

 

かゆみ対策や乾燥対策として利用するのであれば、保湿効果があるのかを確認しなければなりません。
オロナインの効果効能にはどんなのがあるかというと・・・

 

にきび、 吹出物、はたけ、 やけど(かるいもの)、 しもやけ、あかぎれ、きず、水虫(じゅくじゅくしていないもの)、たむし、 いんきん、しらくも、ひび、あかぎれ、しもやけ、きりきず、すりきず、にきび、かるいやけど、水虫

引用元:オロナイン公式サイト|大塚製薬

 

オロナインの販売会社である大塚製薬の公式サイトに効果・効能として書かれている内容となります。
ここから分かるとおり、乾燥対策としての効果効能はありません。

 

また、成分を見る限り保湿成分が配合されている訳ではありません。
オロナインには保湿する効果は無いのですね。ただ、全く意味がない訳ではありません。

 

油分を含んでいますので乳首につけることによって多少の水分を供給することができます。ただ、肌に浸透をする訳ではなく単なる油分による効果でしかなく、結局はオロナインでなくとも液体であれば同様のことが言えます。

 

薬局やドラッグストアで購入できる優れた市販薬ではあるのですが、乳首の乾燥対策やかゆみ対策として利用する薬ではないのですね。

 

保湿をするのならスキンケア

 

顔が乾燥をしたのであれば化粧品や化粧水を使ってスキンケアを行うはずです。
しかし、乳首だと普段全くケアをしていない人も多い為、病気ではないのかと勘違いしてしまう人も多いのですね。

 

肌の乾燥対策をしたいのであればスキンケア。
乳首の乾燥からくるかゆみにも同じことが言えます。

 

ただ、他の肌の部分と違い、乳首はデリケートな部分となるので乳首用に作られた専用の低刺激クリームを使うこと。
刺激だけ気にしさえすれば改善策も肌の乾燥と変わりはしないのです。

 

乳首のクリームとしては黒ずみ用クリームが販売されています。
黒ずみを美白する為に必用となるのが美白成分と保湿成分の2つです。

 

乾燥対策として必用な成分が配合されているのですね。また、美白成分は浸透力に優れたいるのが多いのできちんと肌の改善をすることができます。

 

美白と書かれていると違うのかなと勘違いしてしまう人も多いですが、保湿効果もあり、実際に口コミを見るとかゆみが止まったなんて書き込みは沢山あります。
保湿をするのであればスキンケアを行いましょう。

 

人気のクリームについては下記で紹介しています。

 

>>>乳首保湿クリームランキング