妊娠した妊婦は乳首が乾燥しやすい

 

妊娠をした妊婦さんで乳首の乾燥に悩む人は多いです。

 

乾燥をすると肌のバリア機能が損なわれかゆみがあらわれますし、それが原因で黒くなったり、皮剥けを起こす人も多いです。妊娠線のケアを行うものの、あまり乳首のケアを行わない人は多いのですね。

 

出産後には搾乳がはじまるので、きちんと保湿が行えていないと赤ちゃんにおっぱいを吸われたときなどに痛みがあらわれる人も多いです。
しかし、普通の人と違って妊婦さんならではの保湿対策として注意をしなければならないことなどもあります。ここではどういった点を注意して乾燥を防いでいけばいいのかの方法を紹介しています。

 

結論からすると乳首も肌の一部になるので、乾燥を防ぐためには保湿クリームを使う必要があります。

 

ただし、注意をしなければいけないのが、乳首に使えるように刺激を抑えられているかや出産後には使用をしてはいけないことです。同じ皮膚の組織といっても皮下組織の中に関して全て同じな訳ではありません。

 

乳首もあれば、乳リンもあり、乳腺などもあります。

 

とてもデリケートな部分となるのですね。そのため、顔やからだに使うための化粧品ではなく、きちんと乳首専用に作られた刺激を抑えた保湿クリームを使った方がいいです。

 

もう一つの注意点としては出産後の搾乳がはじまったら、クリームを使うのを一時的に止めること。赤ちゃんがお乳を吸う際にクリームの成分が色々と体内に入ってしまいます。肌に塗るのと体内に入れるでは異なってきますし、まだ成長途中の幼児には良くないのですね。

 

保湿クリームを使う際には乳首専用のにしましょう。

 

そもそも妊娠すると何故乳首は乾燥する?

 

乳首が乾燥する原因としては下着などに擦れたことにより、皮膚のバリア機能の低下やストレスなどの精神的な部分によって、肌のコンディションが崩れてしまうことです。

 

特に妊娠をした妊婦が当てはまるのが、ホルモンバランスの乱れです。

 

妊娠中はホルモンバランスが乱れますので、新陳代謝なども崩れ色々と肌のコンディションが最悪な状況となります。そのため、肌に必用な成分などがきちんと送られなくなるため、保湿機能は失われ、乾燥をしてしまうのですね。

 

また、自由にからだを動かせなかったり、運動量も減ったことによるストレスの増加が起こるので、ホルモンバランスの乱れ同様の影響があらわれます。

 

妊娠ニキビや産後薄毛など色々なことに影響がでてくるのですね。

 

特に乾燥に関しては搾乳にも影響をしますし、乳首が黒くなる原因となるのでしっかりと保湿クリームを使ってケアを行う必要があります。

 

 

>>>乳首の乾燥は2次被害があらわれるので注意