乳首の保湿クリームと化粧品の違い

 

乳首の保湿をしようとするときに普段、利用している化粧品を使おうとする人がいます。

 

でも、それって本当に乳首につけても問題んないんですか!?

 

通常、化粧品であれば顔であったり、ボディクリームのように体に付けるものだったりとあります。しかし、基本的には全て同じ肌となっており皮膚の作りも同じなのでどこに使用しても問題ないケースが多いです。

 

だからといって、体の全てが全く同じ訳ではありません。

 

そのため、どこにつけても大丈夫とは限らないんです。乳首は特に繊細なからだの一部です。そのため、刺激にはあまり強くないですし、刺激を与えれば他の部分より痛いと感じることもあるはずです。

 

普通の化粧品はデリケートゾーンに使うために作られている訳ではなく、顔やボディに付けるのを前提で作られています。そのため、配合されている成分によってはボディであれば問題なくても、デリケートゾーンだと刺激が強いなんてことになりかねないです。

 

乳首であれば、刺激によってメラニンが肌に色素沈着する原因となります。そのため、乳首の色が黒くなることにもなりかねないです。

 

また、肌荒れが起こるなどのこともありますし、刺激があまりにも強い成分だと乳輪だ大きくなることもあるのでくれぐれも注意するようにしましょう。乳首に塗るために作られているクリームであれば、普通の化粧品とは違いデリケートな肌につけるのが前提となっているので、刺激を抑えた成分によって作られています。

 

そのため、保湿クリームを乳首につけるさいには専用のを利用しましょう。

 

肌トラブルから分かる乳首の保湿クリームの必要性

 

ニキビなどのトラブルで考えて貰えれば分かると思いますが、足や手にニキビがあらわれるなんてこと基本的にないですよね!?毛穴が関係しているって人もいそうですが、腕にも基本的にニキビはできないです。

 

皮膚の作りが同じだからといって全てが同じな訳ではないのですね。

 

特に気お付けなければならないのが、デリケートゾーンと呼ばれる乳首とおまたの部分。他の部分と作りが違い、繊細なからだの一部となっています。乳首であれば、乳腺が中にあったりなどと他の肌の部分と中の作りも違ったりもします。

 

この2つの部分に関してはくれぐれも刺激のある成分が配合されて化粧品は使わないようにしましょう。乳首に塗るためであったり、デリケートゾーンに塗るための専用の化粧品が販売されています。そういった専用のであればデリケートな部分に付けるのを考えて作られているので安全に利用することができます。

 

乳首の乾燥対策に付ける保湿クリームに関しては下記で紹介しています。
>>>乳首の保湿クリームランキング