乳首を保湿するのに有効な方法

 

乳首が乾燥をしてしまうとバリア機能が低下することからちょっとした下着の擦れでもかゆみがあらわれるようになります。

 

かいてしまうとどんどん症状も悪化して乾燥もしやすくなるので速めに改善をしなければなりません。ここでは保湿効果の高い有効な方法を理由を含めて紹介していきます。

 

バストトップや乳輪にかゆみがあらわれたり乾燥を感じている方はご覧ください。

 

まず、はじめに乳首を保湿する方法にはどんな種類があるのか紹介をしていきます。主に下記の4つとなります。

  1. 乳首乾燥クリーム
  2. 入浴剤
  3. 洗顔料
  4. リップクリーム

基本的には顔や手となるので、保湿をするのであれば、保湿剤が配合された化粧品などを使う必要がでてきます。刺激を抑えて作られた乳首に付けれるタイプのが販売されています。乳首ピンククリームや黒ずみ解消クリームなどがこれに当たります。

 

他にも最近では入浴剤に美容成分を配合することでお風呂に入っているだけで色々な成分を吸収して美肌になれるなんてのも販売がされましたね。そして、洗顔料でパックをしたりするのも女性であれば誰もが知っている方法です。ただ、普通の石鹸だと刺激が強いこともあるので、専用のを利用しましょう。

 

そして、以外にも多くの人が行った経験があるのがリップクリームです。口はからだの中でも乾燥をしやすいのでリップクリームを塗っている人は非常に多いと思います。それを乳首につけてしまうのですね。

 

4種類と保湿する方法はありますが、正直なところ乳首の乾燥を感じている人で効果を感じることができる方法としては多くありません。それぞれ乳首の乾燥って面で考えるとデメリットが生じてくるのですね。

 

有効な保湿方法

 

保湿する4つの中でも有効なのが乳首乾燥クリームです。顔やからだのケアと変わりはありません。

 

化粧水や化粧品をつけてケアをしていますよね!?皮膚としての性質としては変わらないので、色々な有効成分が入っており効果的な方法となります。

 

入浴剤や洗顔料、リップクリームでも確かに保湿効果は期待できます。しかし、お風呂のお湯で薄めてしまうので濃度も低くなってしまいますし、洗顔料であれば成分がしっかりと浸透をする前に洗い流します。1時間とつけておくのであればしっかりと浸透しますが、洗浄成分などは刺激があるので実質肌荒れを起こしてしまい無理がありますからね。

 

リップクリームにしろ手軽に購入できますが、保湿成分が沢山配合されている訳ではありません。

 

きちんとした乳首乾燥クリームを利用すればしっかりと肌の奥まで浸透して保湿をするビタミンC誘導体やヒアルロン酸の分子を小さくして効果をアップさせたりと色々なものが販売されています。

 

結局は顔とほとんど同じで違うのは刺激の強い成分は厳禁ってことだけです。きちんと乳首をつけることを考えて作られた化粧品を使って保湿を行うことで乾燥を防ぎかゆみなどの悩みも一緒に解消することができるようになります。

 

くれぐれも乳首につけるように作られていない家にある化粧品をつけることだけは刺激となって悪影響がでる可能性があるのでご注意ください。

 

>>>乳首乾燥クリームについてはコチラ