乳首が乾燥する原因を把握してクリームの効果を上げる

 

乳首が乾燥しているのであれば、専用の保湿クリームを使えば良いのですが、評判の良いクリームを使っても効果があらわれないなんてことがあります。

 

考えられるのが体質に合っていないなどもありますが、保湿クリームの効果よりも、悪影響となっている原因が上回ってしまっているので効き目がないことが考えられます。そのため、原因を把握して、できるだけ乾燥がしないようにすることも大切となってきます。

 

乳首が乾燥する原因は基本的には肌と同じで6つとなります。

  • 乳首を掻いてしまう
  • 紫外線による影響
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 生活習慣の乱れ

 

これらの原因となる要因を全て取り除くのは難しいです。社会人であれば、運動する時間もないって人もいれば、睡眠時間も限られることもあります。ストレスの発散もそう簡単にできる訳ではないですからね。

 

そのため、できる範囲の部分で少しづつ改善していくようにしましょう。

 

原因を1つ1つ詳しく紹介

 

イビサクリーム通販

乳首をかく

 

 

乳首をかくことによって皮膚のバリア機能が衰えます。バリア機能とはヒアルロン酸やセラミドなどの保湿剤の膜となるのですが、この膜によって外からの刺激を受けないように守っています。

 

かくことによって保湿剤の膜が剥がれてしまうため、皮膚が刺激に弱い状態となるとともに保湿剤の膜がなくなることで皮膚の水分が失われ乾燥する原因となります。

 

イビサクリーム通販

紫外線

 

 

紫外線は常に肌に刺激を与えています。そのため、肌のコンディションが崩れてしまいます。
肌のコンディションが崩れることで皮膚へ送られる必用な栄養素などがいきわたらなくなるため、肌の状態が悪くなります。

 

イビサクリーム通販

ホルモンバランスの乱れ

 

 

ホルモンバランすが乱れることによって、新陳代謝のリズムが乱れるようになります。

 

古い細胞を新しい細胞へ生まれ代わらせるターンオーバーと呼ばれる働きが低下することで角質が溜まりやすくもなります。また、肌の状況も悪くなってしまうので乾燥する原因の一つとなります。

 

イビサクリーム通販

生活習慣の乱れ

 

 

生活習慣の乱れとしては、主に睡眠不足やストレス、肥満、運動不足、食生活などがあげられます。

 

これらのことにより、新陳代謝のリズムは崩れます。そのため、肌のターンオーバーの働きも上手くいかなくなりますし、肌に必用な栄養素も不足してしまいます。

 

 

乳首の乾燥についてのまとめ

 

主に改善しやすいのが生活習慣の乱れです。一度に一気に改善するのは難しいです。

 

しかし、少しづつ行っていけばいいのですね。

 

1日10分筋力トレーニングをしてもいいです。一つ前の駅で降りるようにするのも一つの手です。また、いつもりよも30分早く寝るようにするってこともできます。

 

急激な運動や睡眠時間を増やす、食生活をガラッと変えるのは難しいです。しかし、ひとつひとつをほんの少し改善することは無理ではありません。

 

もしも、乳首の保湿クリームなどを使っても効果があらわれないのであれば、一つ一つ改善するようにすると良いです。

 

>>>乳首の保湿クリームランキング