乳首の乾燥に効く市販薬はある?

 

乳首が乾燥をすることによってかゆみや乳腺から液体がでたりと色々な肌トラブルが発症してしまいます。

 

なんとか治したい・・・

 

そう思ったときに薬局やマツモトキヨシなどのドラッグストアへ薬を探しに良く人も多いかと思います。
ではそんなときに有効な市販薬はどんなものになるのでしょうか!?

 

乳首が乾燥をしたりかゆみがあるときに皮膚科などの病院で処方をされるのはステロイド剤の軟膏となります。
そのため、利用をするのであればオロナインなどの軟膏やデリケートゾーンのかゆみに有効なフェミニーナ軟膏が考えられます。

 

しかし、軟膏には保湿する成分は配合がされていません。
本当に効果があるのでしょうか!?

 

乳首の乾燥に軟膏を塗っているひとも多いですが、保湿できたという口コミを見ることは全くありません。一時的にかゆみが治まったすることもあるのですが、またすぐに掻きむしりたくなってしまうなどの口コミであれば見つけることができます。

 

保湿成分が配合されているはずではないので、乾燥を防ぐことはできないのですね。
あくまで軟膏は炎症した際に塗るための薬となります。

 

皮膚に刺激が与えられれば炎症をするのでかゆみがあらわれます。しかし、その炎症を抑えたとしても常にブラジャーの摩擦による刺激は加えられてしまいます。炎症を抑えてもすぐに炎症をする要素がでてきますので症状が一向によくならなりません。

 

乳首の乾燥には薬を使うのではなく、保湿をする為の化粧品を利用するのが良いのですね。
皮膚を潤わせることで乾燥を防ぎかゆみがあらわれないようにすることが効果的な方法となるのです。

 

市販薬である軟膏で効果が持続しない理由

 

市販薬である軟膏を使うことによって一時的にかゆみがおさまることがありますが持続しないのは保湿を行えていない為です。
保湿を行うのであれば薬品ではなく美容成分が必要となるので化粧品を利用した方が良いのですね。

 

炎症を抑える軟膏でかゆみを抑えるのはあくまでクリームの油分が皮膚にフタをして保湿剤としての役割をしてくれる為です。しかし、ただ油分によって水分を保ってはいるものの、保湿成分とは違うので肌に浸透をするのではなく、すぐに乾いてします。

 

そのため、一時的にかゆみを止めますが効果が持続をしないので意味がないのですね。

 

皮膚の保湿をするのであればスキンケアによる保湿成分です。
スキンケアであれば保湿成分を皮下組織へと浸透させていきます。

 

皮下組織へと浸透をしたヒアルロン酸やビタミン、セラミドなどの保湿成分がバリア機能を高めることで水分が蒸発するのを防いでくれます。だんだんと皮膚内からは抜けていってしまいますが、毎日ケアをすることによって常に潤った美肌を作るのです。

 

乳首の乾燥やかゆみに悩まされている人は軟膏ではなく化粧品を使うようにしましょう。
乾燥が続いている状態だと更なる肌トラブルがでてくるので注意をしましょう。

 

>>>乳首の乾燥は2次被害があらわれるので注意